勉強法

受験直前12月に新しい問題集は買わない

“受験が近づく12月になると受験生の焦りも最高潮に達します。こんな時に本屋や友人が自分の知らない問題集を解いていたりすると、もっと問題集を解かなければと焦ってしまい、次々と問題集を買い集める人がいます。このような人は受験に失敗する可能性が極めて高くなります。
たしかに本屋や友人はあなたの知らない問題が載っている問題集を持っているでしょう。しかし、彼らはあなたが持っている問題集の問題を知りません。世の中には受験問題集があふれており、あなたが見たことがない問題が載っていて当たり前なのです。さらに、受験直前に新しい問題集を買ったところで全て理解して解くことなど出来ませんし、それによってまた新しい焦りが生まれるだけです。
受験に合格する人は12月になると新しい問題集には手を出さず、今まで自分が使ってきた問題集を徹底的にやり込みます。たった2,3年であらゆる受験問題に目を通すのは不可能だと割り切ってしまうのです。そして、受験の問題は全て基礎問題の変形で出来ていることに気づき、基礎問題を完璧に解けるようにして、いかなる問題にも対応できるような基礎力を貯えることを心がけるのです。もし問題集を購入するとしても、自分の苦手な分野に絞った問題集を1冊買う程度に留め、何のために問題集を解くのかを明確に意識しているのです。このような人が受験に成功する人なのです。
受験直前で焦ってしまい、問題集をバンバン解かなければならないという気持ちになってしまうのは理解できます。しかし、そんな焦りの中で自分のやってきたことを信じられる人が合格することができるのです。焦りから生まれる不安に負けずに、地に足を着けた受験勉強を続けて下さい。”

過去問の勉強こそ志望校最強の攻略法です!

“いよいよ受験シーズン到来です。あなたの今までの勉強の成果が問われる時です。残された時間もあまりありません。不安になっちゃいますね。ドキドキしちゃいますね。でも、待ってください。この時期最後にして最強の勉強方法があるんです。それが<過去問の研究>です。「いまさら過去問?そんなの前からやってるよ!」と叫んだそこのあなた。本当ですか、本当にしっかりと過去問を研究しましたか?常に志望校の過去問をベースに据えて受験勉強を闘ってきたでしょうか?
話はちょっと変わります。「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という有名な言葉があります。中国・春秋時代の兵法家、孫子の言葉とされていますが、この言葉はそのまま受験勉強にもあてはまります。ためしに、この言葉を受験勉強にあてはめてみましょう。敵とはまさに志望校のことです。己とは受験するあなた自身のことです。つまり志望校について、あなた自身について、徹底して研究しておけば勝利は間違いないというのです。さて、ここからがいよいよ話の核心です。志望校についてあなたは、あなたなりに色々なことを調べてきたと思います。もちろん過去問についても数年分をやってみたことでしょう。しかし問題はここからなのです。問題を解いてみただけではダメなのです。その学校の問題の特徴をあなたなりに把握しておくことが大事なのです。もちろん過去問の問題集には特徴や対策も載っているでしょう。しかしそれはあくまで他人が掴んだ特徴であり傾向なのです。ひとつでもふたつでもいいから、自分なりに志望校の問題の特徴や傾向を見つけるようにしてください。これは言い換えると自分なりの視点を持つことなのです。一所懸命、必死になって自分なりに特徴や傾向を見つけようとするまさにその過程において、問題に対する十分な分析や研究がなされて行きます。そして敵(志望校)の過去問について深く知れば知るほど、今度は自分のウィークポイント(弱点)が見えてくるのです。それが己を知るということです。「志望校の問題にはこういう傾向がある、こういう特徴がある、そうなると自分はこういう部分が弱いな」という見え方がハッキリしてくるのです。もちろん今までやってきた受験勉強の中でも自分の弱点を感じ、それを克服しようと努力してきたことでしょう。しかし過去問ではそれがより一層はっきりと見えて来るはずです。なぜならそれは自分が一番入りたいと望んでいる志望校の問題だからです。今からでも遅くはありません。過去問についてもう一度よく研究することであなたの受験勉強を完成させてください。それこそが受験直前の最強の勉強方法だと思います。成功をお祈りします!”

復習を正しく、こなしていくこと

“受験勉強において特に重要視されるのが復習の仕方ではないでしょうか。ある人は数日おいてからやるのがいいと言い、またある人は週末に一気にやればいいと言ったりして答えがないように思いますが、共通することは「どのタイミングで行えば効果的な復習」ができるということではないでしょうか。

復習のポイントとして、まずはどの分野をどれくらいの期間でやるかを決めます。具体的には、例えば数学の確率の問題が30問あったとすると、20問解くことを目標にすることです。それを数日、もしくは一週間単位で自分で消化できる単位で計算することです。こうすることで、その分野のまとまった考え方、全体図が見えてきます。その分野での復習を繰り返すのです。

次に間違えた問題を適度に繰り返して行うことです。しかし、繰り返すと言っても、ただ漫然と繰り返すだけでは意味がありません。1度や2度見ただけでわかる問題は数回程度繰り返すだけで済むことですし、そうではない、何回も読んで理解するべきものはそれ相応の頻度と時間が必要です。これらを適度に分けることで復習の最適化をはかります。これによって、復習するときの無駄をなくします。

ただし、一度正解になった問題を二度としなくてもいいのかと言われると、そうでもありません。人によってはしなくてもいいと答えるかと思いますが、人間はしばらく脳を使っていなかったら忘れていきます。したがって、この状況に陥らないように、目を通す必要があるでしょう。もちろん、重要度は低くしても構いませんが、必ずやるべきものだと思います。試験当日に忘れてしまっていたという状況を避けることもできます。

以上、これらをまとめると、①分野ごとに復習を行う②間違えた問題を繰り返すことが受験に合格できる方法です。自分にあったサイクルで復習ができるように、これらのことを意識して受験勉強するようにしましょう。”

エビングハウスの忘却曲線と記憶術

受験勉強において、英単語や数学の公式など暗記しなければいけないものはたくさんあります。ただやみくもに覚えようとしても、こういった単語や公式などはなかなか覚えることはできません。そこで、エビングハウスの忘却曲線を使った暗記方法について紹介したいと思います。エビングハウスの忘却曲線とは、簡単に言えば暗記のタイミングのことです。人間は覚えたものを次から次へと忘れていってしまいます。実に20分後には約40%も記憶が失われてるといわれます。この記憶の喪失を防ぎ、覚えたいものを記憶として定着させるためには、エビングハウスの忘却曲線に沿ったタイミングで暗記をすることが重要です。具体的には、英単語などを暗記した約30分後にもう一度同じ内容のものを覚え直します。今度はさらにその3時間後、次は一日後、三日後、一週間後というように暗記します。このように、記憶は何度も何度も暗記をすることが重要です。ただ、何度も何度も繰り返すだけでなく、タイミングを見計らうことにより、より効率的な暗記をすることができます。ここで気を付けたいことは、「書かない」ということです。英単語でも数学の公式でも、いちいち紙に書いてしまうと時間がかかってしまいます。そこで、「見る」だけの記憶法が大切です。一回単語を書く間に10回は見ることができます。その10回をエビングハウスの忘却曲線を考慮したタイミングで暗記していくことで、より効率的に短い時間で記憶を定着させることができるようになります。ただ、どうしても書いた方が覚えられるという場合はそちらの方をお勧めします。しかし、基本的には「見る」だけで覚えることが重要です。エビングハウスの忘却曲線を駆使して、覚えたいことを覚えましょう。